また、逢える日まで・・・

みなたん、今の願いはあなたに逢いたいだけ・・・

週末・・・

もう3月も、終わりだな・・・・


桜も満開。


近くの公園も、綺麗に咲いている・・・


明日も、天候は良さそうだ。



ん?そうだ・・・・


何だか、頭もぼさぼさだな・・・


お洒落?とかって・・・


気にすることが、無くなってたな・・・



服も、買ってないな・・・・


もう、何年も・・・




明日は、床屋さんでも行って、ぶらりとまたドライブしてみようか・・・



仕事帰りに・・・・

気が付けば、4度目の春・・・・


温かい日々が、続くね。


仕事が終わり、自宅までの帰り道に、大きな公園・・・・


桜が満開だ。



沢山の人が居た。



みんなが、楽しそうだった・・・・


車を止めて、カメラに収めようかなと思ったけど・・・


何だか、寂しさも感じた。


やっぱり、一人なんだと・・・・




仕方ない・・・・


仕方ない。



何を言っても、何をやっても何にも変わらない・・・・


何だか、そう思った。



先の事も、考えるとしんどいな・・・・



孤独か・・・・





迎えに来た?・・・

今朝、変な夢を見た・・・・


ん?迎えに来た・・・


そんな、感じだった。



最初は、女性が(みなたんでは、無かった)どんな?葬儀が良いかなって
色々と聞かれた。


何だか、色々と自分の理想を言ってたような・・・



その後、激しく胸の痛みがあり、倒れた。


・・・・


・・・・・・・・・



真っ白な空間・・・・



また知らない、女性が現れた。




さ、逝きましょうって、感じだった。


優しくキスをされて?・・・



あ、私もこれで楽になるんだなって思った・・・・


身体がフワッて、浮いた感じだった・・・



っと、思った直後に目が覚めた。






でも、起き上がった時、激しく胸が痛かった・・・・
実は、昨日の夕方からズキズキと、また痛み出してた。


ま、昨日よりは、痛みはましだけど・・・


仕事もバタバタで、疲れてた・・・
少し、ペースを考えないとな。



何だか、本当に倒れるな。



身体が、悲鳴を上げているんだろう・・・・


ま、逝けるのならって、正直思った・・・
怖くも無かった。


やっとだなって、思った。





でも、目が覚めた・・・・


まだ、生かされるんだな。